比較経済体制学会

2014年度第13回秋期大会

 
 
 

10:15 開会式(2号館216教室)


開会の辞(田畑理一代表幹事)

大会組織委員会挨拶(松澤祐介大会組織委員長)

開催校代表挨拶(徳田行延サービス経営学部長)


10:30 共通論題「ウクライナ危機とロシア」(2号館216教室)


座長:田畑伸一郎会員(北海道大学)


第一報告者・論題:服部倫卓会員(ロシアNIS貿易会)「ロシア・ウクライナの鉄鋼業の比較」 論文


第二報告者・論題:石郷岡建会員(麗澤大学)「ウクライナ危機の背景の東西分裂とその行方」 論文


第三報告者・論題:保坂哲郎会員(高知大学名誉教授)「ウクライナ問題をめぐるロシア世論の動向:レバダ・センター調査・分析を介して」 要旨 論文


討論者:酒井明司氏(三菱商事)


12:30 昼食休憩・幹事会(2号館308教室)


13:30 著名外国人研究者(ハンガリー)招待講演(2号館216教室)


講演者紹介・司会進行:岩﨑一郎会員(一橋大学)


第一講演者・論題:フェルトー・イムレ教授(コルビヌス大学)(Fertő Imre, Professor, Department of Agricultural Economics and Rural Development, Cornivus University of Budapest)  - “The structural transformation in Central and Eastern European agriculture” 論文


第二講演者・論題:サラベッツ・アンドレア上級研究員(ハンガリー科学アカデミー付属経済・地域研究センター世界経済研究所)(Szalavets Andrea, Senior Research Fellow, Institute of World Economics, Centre for Economic and Regional Studies, Hungarian Academy of Sciences)  - “Upgrading and Subsidiary Autonomy: Experience of Hungarian Manufacturing Companies” 要旨  論文


※ハンガリー人の氏名は,日本と同様に姓・名の順です。


15:30 休憩


15:45 自由論題Ⅰ「労働と市民生活の移行経済論」(並行セッション)(2号館110教室)


座 長:道上真有会員(新潟大学)


第一報告者・論題:堀江典生会員(富山大学)「移行経済における人的資源管理:体系的レビュー」 論文


第二報告者・論題:雲和広会員(一橋大学)「移行経済における貧困研究:メタ分析」 論文


第三報告者・論題:石川晃弘会員(中央大学名誉教授)「グローバル下におけるスロヴァキア地方都市の社会変動と住民生活:住民アンケート調査から」  要旨


15:45 自由論題Ⅱ「アジアの社会主義・アジアの移行経済」(並行セッション)(2号館216教室)


座 長:辻義昌会員(早稲田大学)


第一報告者・論題:相場大樹会員(一橋大学・院)「体制移行期におけるカンボジア銀行業の効率性:DEAを用いた決定要因の分析」 論文


第二報告者・論題:山崎幸会員(早稲田大学・院)「スリランカ国家の社会主義的性格について」 要旨改訂


第三報告者・論題:文浩一会員(一橋大学)「1990年代後半の北朝鮮飢饉の規模と年齢構造」 要旨


17:45 閉会


18:00 学会機関誌『比較経済研究』編集会議(2号館308教室)






この大会サイトは,大会終了後,予告なく閉鎖いたします。(サイト管理者)



 
⽇ 時: 平成26年10⽉25日(土) 開場10:00
会 場: 西武文理大学 2号館  アクセス
第13回秋期大会プログラム委員会
委員長:岩﨑一郎(一橋大学)
委員:安達祐子(上智大学),
        田畑理一(大阪経済法科大学:学会代表幹事)
第13回秋期大会組織委員会
委員長:松澤祐介(西武文理大学)
委員: 志田仁完(一橋大学),
         中谷勇介(西武文理大学),
         日臺健雄(埼玉学園大学)
                       大会プログラムPDF版はこちら
http://www.bunri-c.ac.jp/univ/access/index.htmlautumn-program2014_files/jacesprogram2014fall-w.pdfshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1