入会手続き・会員情報の変更および年会 費閲覧・研究奨励賞について

 

1. 入会の手続き


経済体制の研究者で、入会を希望する方は、会員2名の推薦によって入会することが出来ます(会則第4条)。ただし、入会は年次大 会の際に 開かれる会員総会で承認されることになっています。また、年会費は10,000円(ただし、大学院生及び71歳 以上の会員は4,000円となっています。


メールによる入会申請

入会を希望する方は、ダウンロードした入会申込書に必要事項を記入して、それをメールに添付し事務局まで送付して下さい。また、 推薦者に 対して推薦を了承した旨の連絡を事務局までメールまたは郵便で連絡するよう依頼して下さい。

【事務局 入会申込書送付先】

立命館大学経済学部 林裕明研究室
比較経済体制学会事務局
E-mail; adm@jacesecon.sakura.ne.jp


郵送による入会申請

入会を希望する方は、入会申込書をダウンロードして印刷し、必要事項を記入して事務局まで郵送して下さい。その際、推薦予定者2 名の氏名・所属を明記して下さい。また推薦者に対して、推薦を了承した旨の連絡を事務局までメールまたは郵便で送付するよう依頼 して下さい。

【事務局 入会申込書送付先】

〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1
立命館大学経済学部 林裕明研究室気付
比較経済体制学会事務局



比較経済体制学会入会申込書ダウンロード

PDF フォーマット

WORD フォーマット
++++++++++++++++++++++++++++

2.会員情報の変更 および年会費閲覧について

 以下の「登録情報変更・年会費閲覧」をクリックして、772で始 まる10ケタの会員番号とパスワードを入力してログインして下さい。 ご自身の会員番号については、年会費請求書の印字をご確認いただくか、下記の学会支援機構までお問い合わせください。

【登 録情報変更・年会費閲覧】

 なお、会員番号、会員種別、氏名(漢字、カナ、ローマ字)の変更はできません。
会員種別の変更がある場合や改姓をされた場合、氏名の記載に誤りがある場合などは、別途下記まで文書(e-mail、FAX 等)にてお知らせ下さい。

一般社団法人学会支援機構内 比較経済体制学会係
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
jaces@asas-mail.jp
Fax: 03-5981-6012
 


++++++++++++++++++++++++++++

3.研究奨励賞につ いて

 比較経済体制学会第46回大会総会におきまして、「比較経済体制 学会研究奨励賞」の設置が決まりました。応募対象者、応募の資格などはすべて決まっております ので、応募をお考えの会員、あるいは推薦をお考えの会員には積極的にご応募をお願い申し上げます。

比較経済体制学会研究奨励賞に応募される会員は、所定の応募用紙(自薦用)により必要事項をご記入のうえ、事務局にお送りくださ い。ま た、奨励賞の対象者をご推薦される会員は、所定の応募用紙(他薦用)に必要事項をご記入のうえ、事務局にお送りください。自薦・ 他薦いずれの場合も、応募用紙の送付先は、事務局あてに電子メール・郵送・ファックスにてお願いいたします。
審査対象は、本学会機関誌あるいは他の学術誌に掲載された論文で、単著によるものに限ります。また、応募に際して、応募者の資格 をご確認 ください。

(1)院生会員であるか、原則40歳未満の正会員
(2)いずれの会員の場合でも、2年以上連続して在籍していること
(3)本学会において研究報告・研究論文などの形で貢献していること

なお、審査委員の選定の際に応募者の指導教員を除きますので、指導教員のお名前は必ずおしるしください。
応募に際し、応募用紙とともに、審査の対象となる論文を5部提出してください。この場合、電子媒体ではなく、紙媒体での提出をお 願いいたします。審査対象の送付先も事務局になります。

会員の皆様のご応募、ご推薦を心よりお待ちしております。

これまでの受賞者

第一回 (2007年): 武田友加会員
受賞対象論文: 「移行経済下ロシアにおける生活水準の不安定化と貧困―都市と農村の貧困動態の比較―」

第二回(2008年): 金野雄五会員
受賞対象論文: 「ロシアにおける対外経済関係の自由化の一考察:多角的貿易自由化と地域経済統合の展開 を中心として」

第三回(2009年): 三嶋恒平会員
受賞対象論文: 「東南アジアオートバイ産業の形成と発展」

第四回(2010年): 該当者無し

第五回(2011年): 横川和穂会員
受賞対象論文: 「ロシアにおける中央集権化と地方自治体財政」

第六回(2012年): ビクトリア・カン会員
受賞対象論文: 「大企業の再編成と中小企業の新規開業:ウズベキスタン移行経済の実証研究」

第七回(2014年) : 柳学洙会員
受賞対象論文: 「1970−1980年代の朝鮮民主主義人民共和国における連合企業所の設立と組織形態:企業レベルデータによ る 定量的接近」『比較経済研究』第52巻第1号(2015年1月)

第八回(2016年) : 志田仁完会員
受賞対象論文: 戦後ロシアの非公式GDP推計:1960-1990」『比較経済研究』第 54 巻第 1 号(2017年1月)

比較経済体制学会研究奨励賞規程

2006年6月5日制定
2010年6月6日改正
2018年6月9日改正

(名称)
第1条
比較経済体制研究に関する学術の発展にとくに貢献すると認められる研究論文を顕彰することを目的として、会員(若手研究者)に対 して「比較 経済体制学会研究奨励賞」(以下「奨励賞」と呼ぶ)を与える。

(審査対象となる論文)
第2条
審査対象者の条件(第5条)を満たす会員によって執筆され、本学会機関誌あるいは他の学術誌に掲載された論文を審査対象とする。 ただし入会初年度に公刊された論文は対象としない。他の 学術誌に掲載された論文の場合には,本人あるいは他の会員の推薦を要する。また、論文は単著であることを要する。

(審査対象となる期間)
第3条
応募を行なう年度(当該年度)の前年度4月1日より当該年度3月31日までの2年間に公刊された論文を審査対象とする。

(授賞の回数および受賞者の数)
第4条
授賞は,2年ごとに1回とする。また受賞者は,原則として1名とする。

(審査対象者の条件)
第5条
審査対象者となる会員(若手研究者)は、当該年度を含み2年度以上連続して本学会に在籍し、院生会員または原則として審査対象期 間の最終日において40 歳未満の正会員とする。

(推薦方法)
第6条
第2条による、「他の学術誌に掲載された論文」の場合には、自薦または推薦者1名の他薦による。申請は、事務局に よる所定書類に基づく。

(審査機関)
第7条
幹事会は、翌年度6月に、5名からなる審査委員を指名し、審査委員長は審査委員の互選により選ば れる。ただし、原則として審査対象者の推薦者および指導教員は除外される。

(審査結果の発表)
第8条
審査委員会は、翌年度9月末日までに審査結果を幹事会に報告しなければならない。審査結果は翌年度12月末日までに学会ニューズ レター等で発表される。

(表彰)
第9条
表彰は、原則として翌々年度全国大会総会時に行う。表彰に際し、表彰状と副賞が授与される。

(規程の改正)
第10条
本規程の改正および廃止には、幹事会の発議に基づき会員総会での出席会員の過半数の賛成を必要とする。

附則
1. 本規程は2010年6月6日から施行する。
2. 本規定に基づく募集の第一回締め切りは2011年3月31日とする。




応募用紙ダウンロード

自 薦用フォーマット

他 薦用フォーマット